PR
写真●eラーニングアプリ「ビジネスコーチング」
写真●eラーニングアプリ「ビジネスコーチング」
[画像のクリックで拡大表示]

 シュビキは2014年3月4日、スマートフォン向けeラーニングアプリ「BISCUE App」から、人材育成手法の「ビジネスコーチング」を同日発売したと発表した(写真)。スマートフォンやタブレットを使って、コーチングの基礎から実践上のポイントまでを効率良く学習できる。日本語を含む7言語に対応し、価格は500円。

 コーチングは、各人の特性に合わせたきめ細かい人材育成が可能。その半面、コーチを育てる十分な余裕がないため、制度導入しても思うような効果が挙げられないケースも珍しくないという。同アプリを使うことで、業務を中断することなく、負担の少ない形でコーチングのスキルを身に付けることができる。

 コンテンツはQBL(Question Based Learning)形式で、選択式のテストを解き、その正解と解説を見るといった流れで学習を進めていく。対応端末は、iPhone/iPad/iPod touchおよびAndroid搭載端末。対応言語は日本語、英語、スペイン語、中南米スペイン語、フランス語、ポルトガル語、中国語。

 同時に、パソコンから受講できる定額ライブラリ型eラーニング・mラーニング「BISCUE LS」でも提供を開始する。