PR
写真●ヤフーが公開した東日本大震災震災関連検索キーワードの「ビジュアライザー」
写真●ヤフーが公開した東日本大震災震災関連検索キーワードの「ビジュアライザー」
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤフー(Yahoo! JAPAN)は東日本大震災発生から3年になる2014年3月11日に募金プロジェクト「Search for 3.11」を実施すると発表した。同日「3.11」というキーワードで「Yahoo!検索」をすると、1人につき10円を本人の代わりにヤフーが寄付する。寄付先は、東日本大震災復興支援財団を予定している。

 同時に、2011年3月11日以降よく検索されたキーワードの時間経過に伴う変化を視覚的にまとめた「ビジュアライザー」を公開した(写真)。地震発生直後から、福島第一原発事故や津波による被害が次々と明らかになる様子を、検索キーワードを基に伝えている。地震発生から数カ月が経過すると、「計画停電」「太陽光発電」などに関心の中心が移るが、その後も日本各地で地震が発生するたびに、「地震」というキーワードが大きく表示される。

「Search for 3.11」Webサイト