PR

 米Googleは現地時間2014年3月18日、「Android」をベースにしたウエアラブル端末向けプラットフォーム「Android Wear」を発表した。製品化の第1弾として、端末メーカーとの協力による腕時計型端末を年内にリリースする。

 Android Wearは、ユーザーが必要とする情報を必要とするときに提供することを目指す。ユーザーはSNSの最新投稿、テキストメッセージの受信、ショッピングアプリケーションやニュースアプリケーションからの通知などをすぐに確認できる。

 同社が開発中のめがね型ウエアラブル端末「Google Glass」を操作する際と同様に、「OK Google」と呼びかけて音声で質問すると、食材のカロリーや搭乗予定のフライト時刻、興味のある試合のスコアなど知りたい情報の回答を得られる。テキスト送信やレストランの予約、目覚ましの設定といったタスクも音声命令で実行できる。

 他のデバイスのリモコンとしても利用でき、音声命令によりスマートフォンやテレビで音楽や動画を再生することも可能。

 健康およびフィットネス関連の機能も備え、例えばジョギングやウォーキングの際に、速度、距離、タイムなどを表示する。

 すでに台湾ASUSTeK Computer(ASUS)、台湾HTC、韓国LG Electronics、米Motorola、韓国Samsung Electronicsといった端末メーカーや 英Broadcom、英Imagination Technologies、米Intel、台湾Mediatekm、米Qualcommなどのチップベンダーと、Android Wear端末の開発で協力している。

 Googleはまた、既存のアプリケーションの通知機能をAndroid Wearに対応させるためのソフトウエア開発キット(SKD)のプレビュー版「Developer Preview」をAndroid Wear専用サイトで公開した。

 米メディアの報道(Wall Street JournalComputerworld)によると、LGは「G Watch」を2014年第2四半期に、Motorolaは「Moto 360」を今夏にリリースする計画という

[発表資料へ]