PR

 業務/ITコンサルティングを手掛けるエル・ティー・エスは7月からIT業界向けの要員調達サイト「アサインナビ」の提供を開始する。「これまでの要員調達の問題点を解消したい」とエル・ティー・エスの吉田悦章取締役は話す。実際の運営はエル・ティー・エスの子会社のキープライドが行う。

 アサインナビでは、外部要員を探しているIT企業が、案件情報や希望する要員情報を登録する。一方、案件を探しているIT企業や個人が、既に登録されている案件情報などに応じたり、提供可能な要員情報を新規に登録したりする。双方が必要な情報を検索し合うことでマッチングが実現する。

 同サイトの特徴は、外部要員を調達するIT企業に向けた各種機能が備わっていること。パートナー企業のみに案件情報を提示する機能や、過去に依頼実績のある要員を優先して探す機能などがある。このほか「アサインナビを使えば外部要員の調達履歴を一元管理できる。現状では調達部門と現場とで別々にExcelで管理しているIT企業が多い」(吉田取締役)。

 料金は、外部要員を探しているIT企業が無料。案件を探している企業や個人が利用料を負担する。ただし具体的な料金形態は未定。

 現在はベータ版を公開しており、7月の本サービス開始までは、いずれの立場の企業も個人も無料で利用できる。現時点で、NTTデータ経営研究所、シグマクシス、バーチャレクス・コンサルティング、フューチャーアーキテクトが利用を決めているという。