PR
図●NTTドコモのパケット接続料(月額、10Mビット/秒当たり)の推移(同社の発表資料から抜粋)
図●NTTドコモのパケット接続料(月額、10Mビット/秒当たり)の推移(同社の発表資料から抜粋)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは2014年3月24日、MVNO(仮想移動体通信事業者)向けの設備貸し出し料金に当たるパケット接続料を公表した。2013年度の接続料は、レイヤー2(GTP)接続の場合が10Mビット/秒当たり月123万4911円、レイヤー3接続の場合が同179万5815円。3G(FOMA)/LTE(Xi)ともに接続料は同じである。2012年度比でレイヤー2接続は56.6%減、レイヤー3接続は51.4%減となった()。2013年4月1日に遡って適用する。

 接続料は、設備にかかった費用をトラフィックで除算することで算出している。分母に当たるトラフィックがスマートフォンの普及拡大で急増しているほか、NTTドコモも分子に当たる設備のコスト削減を進めており、下げ幅は過去最大を記録した。トラフィックの拡大は今後も続き、さらなる低廉化が見込まれる。