PR

 カナダBlackBerryは現地時間2014年3月26日、同社製品に関する情報の漏えい行為に対して、法的措置をとる姿勢を明らかにした。

 同社のJohn Chen会長兼暫定最高経営責任者(CEO)は、BlackBerry公式ブログへの投稿で「我々が最も失望するのは、重要な機密プロジェクトについて当社が発表する準備が整う前に、それがメディアで報じられることだ」といら立ちを露わにし、「BlackBerryの将来製品に関する重要な情報を盗み、それら情報を公開した一団に対して訴訟を起こす」と明言した。

 Chen氏によれば、BlackBerryと提携しているキャリアの従業員を装い、ネットワークに不正侵入した人物がいるという。同氏は「我々は今後必ず、情報漏えいを阻止するための適切な措置を講じる。社内外の個人を告訴する場合もある」と述べた。

 同氏は具体的にどのリークを問題にしているか明らかにしていないが、同社製品に関しては「Windermere」と呼ばれるデバイスの画像や、次期OS「BlackBerry 10.3」のスクリーンショットなどが、複数のブログやサイトに出回っている(PCMag.comの報道)。

[発表資料へ]