PR

 米Microsoftは現地時間2014年4月2日、最新パソコンOS「Windows 8.1」の強化版となる「Windows 8.1 Update」を4月8日に公開すると発表した。既存のWindows 8.1ユーザー(Windows RT 8.1ユーザーを含む)向けに無償で提供する。

 Windows 8.1 Updateでは、マウスとキーボードを使った操作性を向上した。タスクバーの使い勝手を高め、Windows Storeアプリケーション使用時でも画面下にタスクバーを表示させたりするなど、アプリケーションの切り替えがしやすくなった。また、スタート画面の右上に電源ボタンと検索ボタンを配置した。

 「Internet Explorer(IE)11」の性能強化を図り、既存の「IE8」向けWebアプリケーションをシームレスに稼働できるようにした。

 Windows 8.1 Updateは、1Gバイトのメモリ-、16Gバイトのストレージで構成された端末での採用も想定しており、「ハードウエアパートナーは、低コストのシステムをより簡単に開発できる」としている。開発者向けサービス「MSDN」の会員にはすでに提供を開始している。

 また同社は、モバイルプラットフォームのアップデート「Windows Phone 8.1」を正式に発表した。デジタルアシスタント機能「Cortana」をはじめ、多数の新機能を備える。既存のWindows Phone 8ユーザーに向けたアップデートを数カ月以内に公開する。

 Cortanaは、Microsoftの人気ゲーム「Halo」シリーズに登場する人工知能(AI)キャラクターから名付けたもので、同社の検索エンジン「Bing」をベースに、ユーザーの行動などからユーザーの嗜好や関心事を学習するという。昨年9月に、Microsoftが同機能をテストしていると、米メディアが報じていた(関連記事:Microsoft、Windows Phone向け音声アシスタント機能をテスト中か---米メディアの報道)。

 また、タイルにピン留めしていないアプリケーションも含めてあらゆる通知をひと目で確認できる「Action Center」、データ使用状況やストレージの空き容量、バッテリー寿命、Wi-Fi接続状況等を管理する各種「Sense」なども新たに提供する。企業向けの機能として、電子メールの暗号化および電子署名規格S/MIMEやVPNに対応する。

 スタート画面に背景画像を設定でき、ロック画面もカスタマイズできるようになった。「Skype」アプリケーションの統合を強化し、Cortanaから音声で指示してSkype電話をかけることもできる。

 Windows Phone 8.1搭載端末は、今後数カ月のうちに順次リリースされる見込み。フィンランドNokiaは同日、Windows Phone 8.1を搭載する上位モデル「Lumia 930」と廉価モデル「Lumia 635」「Lumia 630」を発表した。Lumia 630を5月にロシア、中国、インド、欧州などに投入し、LTE対応のLumia 635をより広い地域で6月にリリースする。Lumia 930も6月に欧州、アジア、中東、中南米などで販売を開始する。

 なおCortanaは、まず米国でベータ版の提供を開始し、2014年後半に英国と中国に拡大する。その他の国では2015年に利用可能にする予定。

[発表資料1(Microsoftのプレスリリース)]
[発表資料2(Microsoftの公式ブログ)]
[発表資料3(Microsoftの公式ブログ)]
[発表資料4(Nokiaのプレスリリース)]
[発表資料5(Nokiaのプレスリリース)]
[関連記事:[BUILD 2014]Win8.1向けアップデートは4月8日、スタートメニューは将来復活