PR
図●iOSのバージョン別割合
図●iOSのバージョン別割合
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleが開発者向けサポートページで公開したデータによると、最新モバイルプラットフォーム「iOS 7」の導入率が9割近くに達した。

 同社が現地時間2014年3月31日~4月6日の7日間での「App Store」へのアクセスを測定したところ、全iOS端末のうち、昨年9月リリースのiOS 7が87%を占め、前バージョンの「iOS 6」は11%、それより古いバージョンはわずか2%だった()。

 Apple関連の情報サイト「MacRumors」によると、iOS 7のシェアは、12月1日時点で74%、12月30日時点で78%、1月26日時点で80%、3月23日時点で85%と着実に割合が上昇している。

 一方、米Googleが開発者向けサイトで公開しているAndroidのバージョン別シェア(3月26日~4月1日)を見ると、昨年10月に公開された最新の「KitKat」(バージョン4.4)は5.3%にとどまり、「Jelly Bean」(バージョン4.1.x、4.2.x、4.3の合計)が61.4%と6割を超えている。また、いまだに「Gingerbread」(バージョン2.3.3~2.3.7)が17.8%を占める。

 最新バージョンの普及率が高いと、開発者が悩む要素は少なくなり、Apple自身にとってもサードパーティーのソフトウエアベンダーにとっても、一貫した使用体験を端末およびユーザーに提供できることを意味する。Googleは、OSの一部機能を「Google Play」ストアで個別提供することで使用体験の標準化を図っているが、モバイルOSの一貫性という点ではAppleにはるか及ばないと、米TechCrunchは指摘している。