PR
写真●Michelle Obama米大統領夫人のプロフィールページ
写真●Michelle Obama米大統領夫人のプロフィールページ
[画像のクリックで拡大表示]

 米Twitterは現地時間2014年4月8日、プロフィールページのデザイン変更を発表した。プロフィール画像のサイズが大きくなり、ヘッダー画像がウインドウ幅いっぱいの横長になった。「Facebook」風のデザインだと、複数の米メディア(MashableWIRED.comなど)が伝えている。

 ヘッダー画像の左下部にプロフィール画像が配置され、その右横にタブが並ぶ。ヘッダー画像の下にタイムラインが表示され、返信やリツイートなど多くの反応を得たツイートは大き目のフォントで表示される。

 自身のツイートから1件選んで、タイムラインのトップにピンど留め(固定)しておくことが可能。「フォロワーに対して、自身の関心事や自身にとって重要なことを表現できる」としている。

 またツイートの表示では、従来どおり時間軸に沿ってツイートが並ぶ「Tweets(ツイート)」のほか、オプションで、写真やビデオを添付したツイートに限定した「Photos/Videos(画像/動画)」、あるいは「Tweets and replies (ツイートと返信)」といった表示に切り替えられる。

 新デザインは同日より一部ユーザーを対象に提供を開始する。Michelle Obama米大統領夫人(@FLOTUS写真)や米国俳優Channing Tatum氏(@channingtatum)などのプロフィールはすでに新デザインに変更されている。全ユーザーに反映されるまで数週間かかる見込み。新規ユーザーはすぐに新デザインでプロフィールを作成できる。

 なお、今回のデザイン変更はWeb版プロフィールのみで、モバイルサイトやモバイルアプリケーションのプロフィール変更計画については明らかにしていない(Wall Street JournalNew York Timesの報道)。

[発表資料へ]