PR
図●Yelp.co.jpのトップページ
図●Yelp.co.jpのトップページ
[画像のクリックで拡大表示]

 口コミ情報サイト「Yelp」を運営する米イェルプは2014年4月9日、日本でのサービスを開始すると発表した。同日よりYelp.co.jp)が利用可能となっている。

 イェルプは、2004年7月にサンフランシスコで設立され、現在米国やカナダ、中南米、ヨーロッパ各国を中心にサービスを展開している。レビューの内容は、レストラン、バー、コーヒーショップなどの飲食店はもちろん、ショッピングセンター、病院、自動車整備工場まで多岐にわたる。2013年第4四半期のYelpの月間ユニークビジターは1億2000万以上、同期末までに投稿されたレビューの数は5300万件を越える。

 日本でのサービス開始は、アジアではシンガポールに続き2番目、世界では26番目となる。英字を使わない言語をサポートするのは日本語が初めてだ。

 ユーザーは、Yelp.co.jpでアカウントを作成すれば、日本全国さまざまなジャンルのサービスに対するレビューが投稿できるようになる。また、ビジネスオーナー専用サイトも同時に開設し、ビジネスオーナーが自社のページで情報発信したり閲覧数を確認したりできる。iPhoneとAndroidに対応した無料アプリケーションも用意する。

 今回のサービス開始にあたり、イェルプでは東京と大阪にコミュニティマネジャーを配属、これらの地域で重点的にコミュニティの構築を進めるとしている。