PR

 米Appleと韓国Samsung Electronicsの新たな特許侵害訴訟において、AppleがSamsungに対して21億9000万ドルの損害賠償を求めたことを、複数の米メディア(Wall Street JournalRe/codeなど)が現地時間2014年4月8日に報じた。

 カリフォルニア州北部の米連邦地方裁判所で3月31日に始まった新たな裁判では、Appleは5件の特許を、Samsungは2件の特許を、それぞれ相手に侵害されたと主張している(関連記事:AppleとSamsungのモバイル特許侵害係争、新たな裁判が開始)。Appleが問題としているのは、特定のデータを識別してリンク化するデータタッピング機能、バックグラウンドでのデータ同期機能、音声アシスタント「Siri」に使われるユニバーサル検索機能、オートコンプリート機能、スライド式ロック解除(slide-to-unlock)機能に関する特許で、これを侵害しているとするSamsung製品として「Galaxy SIII」「Galaxy Note II」などを挙げている。

 Apple側の損害関連専門家でエコノミストのChristopher Vellturo氏は、4月8日に行われた審理で、「Appleの請求額は特許侵害の範囲と時期を考えれば正当」と述べ、「多くの人々が最初のスマートフォンを購入し、市場が重大な変化と成長を遂げている中での特許侵害であるため、Appleは甚大な影響を受けた」と説明した。2011年8月~2013年末にSamsungが米国で販売したスマートフォンおよびタブレット端末3700万台以上によって、Appleの収益が損なわれたとしている。

 Samsungは特許を侵害していないと主張し、もし侵害があったとしてもAppleの請求額は「ひどく目に余る誇張」であり「あまりにも範囲を拡大している」と批判。SamsungがAppleに要求している損害賠償は約700万ドルで、「Appleが過剰に請求していることを強調するため」と見る向きもある。