PR
開発システムの概要
開発システムの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 日本電信電話(NTT)は2014年4月16日、カメラでズームして撮影するように、遠く離れた場所で話す人々の声から、指定した人の声のみをクリアに収音可能な「ズームアップマイク」を開発したと発表した。この技術を活用することで、例えば、スポーツ観戦や中継においてまるでカメラでズームするかのように、遠く離れた選手の声を自由に選んで聞くことが可能となるという。

 今回開発した「ズームアップマイク」は、約100本のマイクロホンと、凹型反射板から構成する。音を反射させて遠くの音を収音可能とする凹型反射板の前に、約100本のマイクロホンを設置することで、そのマイクロホン間に生じる位相/振幅差を利用し、遠く離れた場所(約20m)の狙った音だけをクリアに収音することを可能とする。また、約100本のマイクロホンから、全ての音声を録音しておくことで、あとから任意の場所の音をズームアップして聞くことも可能。

 音響分野の研究発表では、遠くの音をクリアに収音するという技術は実現困難な技術とされていて、世界的に見ても「オンリーワンの研究成果」とする。20m先にある音源に対する動作検証は行っているが、20m以上の距離にある音源に対する収音能力に対する検証作業を進めていく。NTTでは、2年後を目安として、50m(サッカーコートの長辺の半分)先にある音源をクリアに収音できるように、技術レベルの向上を図る。

 今後の応用展開として、例えば望遠カメラを組み合わせたスポーツ観戦や放送サービスを挙げる。スポーツ選手の映像だけでなく、音声もズームアップしより臨場感を高めようというわけである。そこでNTTは、スポーツ中継における収音方法の一つとしてスタジアムへの設置を目指す。その際、雑音や風に対する耐性を備えるために、実証実験を通じて技術レベルのさらなる向上を図っていく。

 もう一つの展開例として、小型で汎用性のあるマイク素子(2~3本)と今回開発した信号処理技術の組み合わせを挙げる。騒音や雑音のある環境下でもクリアに狙った場所の音声を収音できる小型収音装置(マイク)やソリューションを、NTTグループの事業会社を通じて、開発・販売していく。例えば、雑音の多い車でのカーナビ操作や、工場内での機械騒音下でのハンズフリー会話などへの活用といった活用事例を挙げる。

[発表資料へ]