PR
写真●Google+の「Google Glass」のページ
写真●Google+の「Google Glass」のページ
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは現地時間2014年4月16日、前日に実施しためがね型ウエアラブル端末「Google Glass」の限定一般販売で、用意した数量が完売したと発表した。

 同社が開発中のGlassは、早期導入プログラム「Explorer Program」に参加するベータテスター「Glass Explorer」のみに提供され、通常は一般販売を行っていない。しかし同社はExplorerプログラムの拡大を図るとして、太平洋夏時間4月15日午前6時より数量限定で1日限りの一般販売を実施した。対象は18歳以上の米国在住者で、販売価格(税抜き)は1500ドル(関連記事:Google Glass、4月15日に1日限りの一般販売、米国在住者のみ)。

 同社は、引き続き購入希望者に対し、専用サイトで氏名や電子メールアドレス等を登録するよう促している。同サイトには「現在Explorerプログラムに在庫はないが、近いうちにもっと用意できるだろう」と記載されている。同社は、「さまざまな異なる手段を試し、新たなベータテスターをプログラムに呼び込んでいる最中だ」としている。

[発表資料へ]