PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Facebookは現地時間2014年4月17日、位置情報ベースの新たな機能「Nearby Friends」を発表した。近くにどの友達がいるか確認し、連絡を取ったり実際に会ったりできる。

 Nearby Friends機能では、近くにいる友達がリスト表示され、どのくらいの距離にいるか、どのくらい前にその場所にいたかを確認できる。例えば映画館に向かっているとき、近くに友達がいれば、一緒に映画に誘ったり、映画を見た後に会う約束をしたりできる。相手が詳細な位置情報を公開してれば、その場所を地図上で表示することも可能。

 オプション機能として提供し、いつでも有効/無効を切り替えられる。自分が近くにいることを教えてもよい相手(共有範囲)を「友達」「親しい友達」「特定の友達」などに設定できる。詳細な位置情報を公開する期間を「今後1時間」など制限できる。

 友達同士で近くにいることを確認できるようにするには、互いのユーザーがNearby Friendsを有効に設定し、互いを共有範囲に含めている必要がある。

 Nearby Friendsは米国でのみ提供する。今後数週間かけて、AndroidおよびiPhone版アプリケーションで利用可能にする。

[発表資料へ]