PR

 ビジネス向けSNSの米Linkedinは現地時間2014年4月18日、登録ユーザーが3億人を超えたと発表した。米国在住者が1億人超と最も多い一方、半数以上を米国外に住むユーザーが占めている。

 同社は、世界の労働人口33億人の一人ひとりに経済的機会をもたらすというビジョンを抱えており、「まだこの先進むべき道のりは長い」と述べている。3億人達成はその道のりにおける「マイルストーンの1つ」だとし、今後、同社ビジョンの実現に向けた重要な要素としてモバイルと中国市場を挙げた。

 Linkedinは、今年後半に世界中のすべてのトラフィックの50%以上をモバイルが占めると見ている。すでにコスタリカ、マレーシア、シンガポール、スウェーデン、アラブ首長国連邦(UAE)、英国を含む数十カ国では、モバイル端末からアクセスするLinkedinユーザーの数がパソコンによるユーザー数を上回っている。世界200カ国で1日平均1500万件のプロフィール閲覧、145万件の求人情報閲覧、4万4000件の求職応募がモバイルから行われているという。

 またLinkedinは今年、中国に簡体字サイトのベータ版を開設した。「1億4000万人以上の中国人ビジネスパーソンを互いに、そして世界とつなぐことを目指す」としている。

[発表資料へ]