PR

 Linuxカーネルの開発を支援しているLinux Foundationは現地時間2014年4月24日、グローバルな情報インフラの強化に向けたオープンソースプロジェクトを支援する「Core Infrastructure Initiative」の発足を発表した。オープンソースのSSL/TLS実装ライブラリー「OpenSSL」に重大な脆弱性「Heartbleed」が見つかったことを受け、業界全体が協力して実情の改善に臨むとしている(関連記事:OpenSSLの「心臓出血」脆弱性、被害報告が相次ぐ)。

 Core Infrastructure Initiativeでは、多数の大手技術企業が、支援を必要とするオープンソースプロジェクトを特定し、資金援助する。援助を受けた開発者は、コミュニティ規範のもとで開発を継続できる。

 米Amazon.comのAmazon Web Services、米Cisco Systems、米Dell、米Facebook、富士通、米Google、米IBM、米Intel、米Microsoft、米NetApp、米Rackspace、米VMwareなどが参加し、Linux Foundationが基金運営を担当する。

 まずは、OpenSSL関連のプロジェクトを対象にする。フルタイムでプロジェクトに従事する主要開発者に奨学金を付与するほか、セキュリティ強化、外部による検査、迅速なパッチ対応などに要するリソースの費用も支援する。

 米メディアの報道(New York Times)によると、参加企業らは、今後3年で年間10万ドルを寄付することで合意したという。

[発表資料へ]