PR
図●LINE事業の売上高推移
図●LINE事業の売上高推移
[画像のクリックで拡大表示]

 LINEは2014年5月8日、2014年1-3月期の業績を開示した。2014年1-3月期の売上高は前の四半期(2013年10-12月期)比で14%増の180億円。業績は同社子会社であるLINE PLUS、LINE Business Partners、データホテルなどとの連結業績である。売上高以外の業績はこれまで同様非公表。上場については「今のところ決定している事実はない」(同社)。

 売上高のうち、同社の基幹事業であるLINE事業の2014年1-3月期売上高は前の四半期比19%増の146億円、対前年同期比で223%増となった()。LINE事業の売上高の構成は、ゲーム課金が約60%、スタンプ課金が約20%と前期と同傾向で、そのほか公式アカウントやスポンサードスタンプなどがLINE事業の売上高に含まれる。

 「LINE」の全世界の登録ユーザーは4月1日に4億人を突破し(関連記事)、現在は4億2000万人に増加。東南アジアやスペインなどのほか、南米のチリ、ベネズエラなどでテレビCMを放映するなどして新規ユーザーが増加しているという。

 各国・地域向けのローカライズも進めており、ゲーム事業においては日本語、英語のほか、タイや台湾など向けの言語対応を拡大。スタンプ事業では現地の文化に合わせたキャラクタースタンプを展開するなどしており、特にイタリアやフランスでLINE利用者増に寄与しているという。広告事業も世界各国で展開。インセンティブサービスである「LINE フリーコイン」は日本、台湾、タイ、インドネシア、マレーシア、香港、シンガポール、韓国で展開中である。