PR
写真●OptiFiber Pro OTDR 2の外観
写真●OptiFiber Pro OTDR 2の外観
[画像のクリックで拡大表示]

 米フルーク・ネットワークスの日本法人であるTFF フルークは、2014年5月27日に、OTDR認証テスター「OptiFiber Pro(オプティファイバー・プロ)OTDR 2」を発表した。光ファイバー配線の検査・試験・認証・トラブルシューティング・文書化などを1台でできる。5月29日発売。価格は93万円(税別)から。

 OTDR(Optical Time-Domain Reflectometer)とは、光ファイバーケーブルの融着接合や光ファイバーコネクターの位置を特定し、損失を測定する機器のこと。光パルス試験器ともいう。

 OptiFiber Pro OTDR 2は、特許申請中の新機能「SmartLoop OTDR」により、1回の操作で2本の光ファイバーリンクの双方向試験を行えるようにした。一般に、双方向試験では光ファイバー配線の一方の端までテスターを持って行かなくてはならないが、その手間がかからない。さらに2芯光ファイバー配線試験の時間を50%短縮(同社製品との比較)。トレース時間は業界最速クラスで、1波長の自動テストで約5秒、クイックテストで最短2秒。

 同社はOptiFiber Pro OTDR 2に合わせて、業界規格に基づく端面検査の自動合否判定時間を2秒以下に短縮した光ファイバー端面検査ツール「FI-7000 FiberInspector Pro(ファイバーインスペクター・プロ)や、業界に先がけてシングルモードMPO配線用に設計された光ロス・テスター「シングルモード MultiFiber Pro(マルチファイバー・プロ)」も提供を開始した。