PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは現地時間2014年5月29日、米salesforce.comと戦略的提携を結んだと発表した。salesforce.comの顧客関連管理(CRM)ソリューションとMicrosoftの「Office」および「Windows」製品との連携を強化する。

 具体的な計画としては、「Salesforce1 for Windows and Windows Phone 8.1」を提供する。ユーザーはWindows搭載デバイスからCRMプラットフォーム「Salesforce1」にアクセスして事業活動を実行できる。2014年秋にプレビュー版を公開し、2015年に正式版をリリースする。

 また、「Salesforce for Office 365」により、CRMアプリケーション「Salesforce」とクラウド版グループウエア「Office 365」間の新たな相互操作性を実現する。「Office Mobile」や「Office for iPad」、またはOffice 365を使ってSalesforce1上で、あるいはSalesforce内から直接Officeコンテンツを使用、共有、編集できる。

 Salesforceの統合ストレージとして「OneDrive for Business」や「SharePoint Online」を指定可能。「Excel」や「Power BI」を介して、Salesforceデータの視覚化や分析も行える。

[発表資料へ]