PR

 シマンテックは2014年6月2日、中堅・中小企業向けデータ保護ソフトウエアの最新版「Symantec Backup Exec 2014」を同日より提供開始すると発表した。

 Symantec Backup Exec 2014では、バックアップと重複排除のスピードを改善、前バージョンの「Symantec Backup Exec 2012」より高速なバックアップが可能になった。また、新しいバックアップジョブモニターにより、バックアップジョブの状態を一つの画面で監視できるようになったほか、一つのバックアップジョブで複数のサーバーのバックアップと管理ができるようになった。

 最新版は、「Windows Server 2012」および「Windows Server 2012 R2」にも対応する。また、米リバーベッドテクノロジーの「Whitewaterアプライアンス」や米クアンタムの「Q-Cloud」といったクラウド機能も新たにサポート。今後さらにサポート対象とするクラウドプラットフォームを拡大していくという。

 このほか、データベースのバックアップから個別の項目をリストアできるバックアップオプション「Backup Exec Granular Recovery Technology」が、「Microsoft Exchange Server 2013」と「SharePoint 2013」に対応した。

 Symantec Backup Exec 2014の参考価格は、ベーシックメンテナンスを含む基本ライセンスが17万2900円(税別)。