PR
ハイエンドPC向けゲーミングマザーボード「Z97 GAMING 9 AC」
ハイエンドPC向けゲーミングマザーボード「Z97 GAMING 9 AC」
[画像のクリックで拡大表示]

 アスクは、台湾MSI製のハイエンドPC向けゲーミングマザーボード「Z97 GAMING 9 AC」を、2014年5月31日に発売した。インテル「Z97 Express」チップセットを搭載し、第4世代Coreプロセッサー「Haswell Refresh」に対応する。予想実売価格は3万4800円前後。

 MSIが展開する「GAMING」シリーズマザーボードの最上位モデル。同社製のグラフィックスボードとマザーボードの両方をコントロールできる、簡易オーバークロックユーティリティ「GAMING APP」に対応。オンラインゲームのタイムラグを軽減できる、ハイパフォーマンスLANチップ「Killer E2200」やIEEE802.11ac対応無線LANなどを搭載した。

 オーディオ回路には、電磁波の影響を受けにくい独立設計の「Audio Boost 2」を搭載。さらに、フロントオーディオにC-Media製「CM6631A HD」オーディオプロセッサーを搭載し、プロフェッショナルヘッドホンを使用可能。基板は6レイヤー・12フェーズの高耐久仕様を採用した。

 フォームファクターはATX。メモリースロットは4基(最大32GB)で、DDR3-3200オーバークロックメモリーに対応。拡張スロットはPCI Express 3.0 x16が3基、PCI Express x1が3基。SLI・Cross FireなどのマルチGPUに対応する。USB 3.0を12基、USB 2.0を6基、SATA 6Gbpsを8基のほか、SSDが搭載可能なM.2スロットを1基装備した。