PR

 米アップルは2014年6月2日から6日まで、開発者向け会議「Worldwide Developers Conference 2014」(WWDC 2014)を開催している。初日の午前10時からは恒例の基調講演を実施。ティム・クック最高経営責任者(CEO)が登壇し、iPhone用の新OS「iOS 8」やMac用の新OS「OS X Yosemite」、iOSアプリ用のプログラミング言語「Swift」などを発表した。新型iPhoneや新型MacBook Air、ウエアラブルデバイスなどの新しいハードウエアは登場しなかった。

 今回の発表のポイントを、基調講演の写真と併せて紹介する。

写真1●米国・サンフランシスコ市のMoscone Centerにて、アップルは「Worldwide Developers Conference 2014」(世界開発者会議、WWDC 2014)が開催した。幕開けのイベントは、恒例の基調講演。WWDC 2014のキャッチコピーは「Write the code. Change the world.」だ
写真1●米国・サンフランシスコ市のMoscone Centerにて、アップルは「Worldwide Developers Conference 2014」(世界開発者会議、WWDC 2014)が開催した。幕開けのイベントは、恒例の基調講演。WWDC 2014のキャッチコピーは「Write the code. Change the world.」だ
[画像のクリックで拡大表示]

写真2●会場内のロビーには、「8」と「X」の文字をそれぞれ大きく描いたバナーが掲げられていた。開幕を前にiPhone用の「iOS 8」とMac用の「OS X」の新版が発表されることをうかがわせた
写真2●会場内のロビーには、「8」と「X」の文字をそれぞれ大きく描いたバナーが掲げられていた。開幕を前にiPhone用の「iOS 8」とMac用の「OS X」の新版が発表されることをうかがわせた
[画像のクリックで拡大表示]

写真3●基調講演に登壇したアップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)。ほかのアップル幹部と交代でプレゼンテーションを行った
写真3●基調講演に登壇したアップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)。ほかのアップル幹部と交代でプレゼンテーションを行った
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い