PR

 台湾・台北市で2014年6月3日から開催されているIT見本市「COMPUTEX TAIPEI 2014」で、NASを手がける台湾Synologyが新製品を出展している。

 SynologyのNASは管理ソフトの機能の高さと使いやすさに定評がある。Webブラウザー上で独自のOSを表示し、NASをあたかも1台のコンピューターであるかのように使える。写真は、Windows 8のWebブラウザーでNASの管理ソフトにアクセスした状態。一見Windowsのデスクトップに見えるが、これは全面がWebブラウザーの画面になっている。NASの画面では、通常のパソコン用OSのように、フォルダーを操作したり、アプリをインストールしたりできる。

 今回出展した新製品は、「DiskStaton DS215air」。無線LANルーターが一体になったNASだ。年内にも出荷する予定。5月にリリースしたばかりの小型NAS「DiskStation DS414slim」も展示した。

台湾Synologyのブース
台湾Synologyのブース
[画像のクリックで拡大表示]
Synology製NASの管理画面。これは全画面表示したWindows 8のWebブラウザーからアクセスしているところ。OSの画面に見えるが管理ソフトだ
Synology製NASの管理画面。これは全画面表示したWindows 8のWebブラウザーからアクセスしているところ。OSの画面に見えるが管理ソフトだ
[画像のクリックで拡大表示]
無線LANルーターを一体化したNASの新モデル「DiskStaton DS215air」
無線LANルーターを一体化したNASの新モデル「DiskStaton DS215air」
[画像のクリックで拡大表示]
5月に発売したばかりの小型NAS「DiskStation DS414slim」も展示した
5月に発売したばかりの小型NAS「DiskStation DS414slim」も展示した
[画像のクリックで拡大表示]