PR

 米Facebook傘下のInstagramは現地時間2014年6月3日、アプリケーションのアップデート(バージョン6.0)を明らかにした。最新バージョンでは、新たに10個の写真編集ツールを追加した。

 新しいレンチ(スパナ)マークをタップすると、「Brightness(明るさ)」「Contrast(コントラスト)」「Saturation(彩度)」「Warmth(暖かさ)」「Vignette(ビネット)」といったツールアイコンが、画面下部に並んで表示される。アイコンをダブルタップするとスライドバーが表示され、フィルターの適用強度を細かく調整できる(写真)。

写真●スライドバーを使ってBrightness(明るさ)やSaturation(彩度)などを調整できる
写真●スライドバーを使ってBrightness(明るさ)やSaturation(彩度)などを調整できる
[画像のクリックで拡大表示]

 そのほか最新バージョンでは、動画のアップロードおよび共有を簡素化し、デザインの向上と不具合の修正も行った。

 バージョン6.0は、iOS版Android版とも、すでに公開されている。

[発表資料へ]