PR
持ち運べるPCケース「GRAPHITE SERIES 380T」。Mini-ITXに対応する
持ち運べるPCケース「GRAPHITE SERIES 380T」。Mini-ITXに対応する
[画像のクリックで拡大表示]
グラフィックスボード用の簡易水冷クーラーも展示
グラフィックスボード用の簡易水冷クーラーも展示
[画像のクリックで拡大表示]
次世代メモリー規格であるDDR4のモジュール
次世代メモリー規格であるDDR4のモジュール
[画像のクリックで拡大表示]

 2014年6月3日から台湾・台北市で開催されているIT見本市「COMPUTEX TAIPEI 2014」において、Corsair Componentsが新製品を多数出展している。

 その一つが持ち運べるPCケース「GRAPHITE SERIES 380T」。Mini-ITXに対応しており、2.5インチおよび3.5インチのドライブをそれぞれ2個取り付けられる。ファンは12cm角と14cm角が搭載済み。ボディの色は黒や白もある。出荷は8月ごろの予定だという。

 新製品の中でも注目を浴びていたのは、簡易水冷クーラーだ。グラフィックボードに取り付けるタイプを展示しており、グラフィックスチップ本体にはポンプ一体型の水冷ヘッドを取り付けて、併設したファンでボード全体を冷やす仕組みになっていた。Corsairは、サンプルとして次世代規格のDDR4メモリーも展示していた。