PR
6月18日のイベント開催を告知した米Amazon.comのTwitter公式アカウント
6月18日のイベント開催を告知した米Amazon.comのTwitter公式アカウント
[画像のクリックで拡大表示]

 米Amazon.comは、米ワシントン州シアトルで現地時間2014年6月18日にイベントを開催する。同社がTwitter公式アカウントからの投稿で明らかにしたもので、以前から噂されている3次元(3D)対応の独自スマートフォンを発表するのではないかと見られている。

 イベントへの参加希望者は特設ページで招待状送付を申し込む。同ページで公開されているビデオでは、人々が何かを手元で扱いながら(手元は映っていない)「すばらしい」「こんなものは見たことがない」「いったいどうやってるんだ?」など感嘆の声を上げている様子が次々と映し出される。1人の女性は「私に合わせて動いた」とコメントしている。

 Amazon.comが自社ブランドのスマートフォンを開発しているとの噂は、だいぶ前からささやかれている。今年4月には米Wall Street Journalが、「6月末にも製品を発表し、9月末までに出荷を開始する計画」と報じた(関連記事:Amazon.com、独自ブランドのスマホを今年後半に発売か)。

 同社が開発中とされる端末は、特別な眼鏡を用いることなく3D画像を表示できるディスプレイを備えている。本体前面には4つのカメラとセンサーを内蔵し、利用者の視線の動きや、端末と顔の距離や動きを検知する。本体を動かすことでテキストや画像を操作することも可能という。

 特設ページの申し込みフォームには、「ユーザー」「開発者」「ジャーナリスト」を選択する項目があり、開発者に対しては「ジャイロや加速度計、その他センサーを用いた革新的な機能のアプリケーション開発をしたことがあるか」といった質問が提示される。

 特設ページには、スマートフォンの背面と思われる、同社ロゴが入った黒いデバイスの部分写真が掲載されている。