PR

 米Google傘下の広告事業Doubleclickは現地時間2014年6月4日、ビデオ広告マーケットプレイス「Google Partner Select」を立ち上げると発表した。ブランド企業とオンラインビデオサービス事業者がビデオ広告をプログラマティックに売買できるシステムを構築するとしている。

 Google Partner Selectでは、高品質のビデオコンテンツ配信を手がける特定のサイト運営者と、高品質ビデオサービスへの広告出稿を考えるトップブランドが、リアルタイムで効率的に取引を行えるようにする。また、DoubleClickのプラットフォームを通じて、直接広告を予約できる手段も提供する。

 なお、Googleは傘下のビデオ共有サービス「YouTube」で同様のビデオ広告サービス「Google Preferred」をすでに開始している。広告主は上位5%のYouTubeコンテンツ作成者のチャンネルに広告を出稿できる。Google Partner Selectではどのような高品質ビデオサービスが対象になるか不明だが、Googleが高品質コンテンツの広告販売をYouTube以外のWebサイト全体、あるいは少なくともその一部に拡大しようとしていると、米Forbesは指摘している。

[発表資料へ]