PR
Philips Friends of hue LightStrips
Philips Friends of hue LightStrips
[画像のクリックで拡大表示]
Philips Friends of hue LivingColors Bloom
Philips Friends of hue LivingColors Bloom
[画像のクリックで拡大表示]

 フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、スマートフォンやタブレットから操作できるスマートLED照明「Philips hue(フィリップス ヒュー)」の新製品を2014年6月5日発売した。自由に折り曲げできるテープ形状と、置き型の間接照明の2製品。全国のApple Store店舗およびApple Online Storeで販売する。価格はオープン。

 照明コントロール用の国際規格「ZigBee Light Link(ジグビーライトリンク)」を採用したLED照明。無料の専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレットから無線LAN経由で1600万色以上の色調設定やタイマー設定、遠隔操作などが可能。今回発売した2製品は、2013年9月に発売した「スターターセット」に含まれるブリッジへ接続する拡張製品。

 「Philips Friends of hue LightStrips(フィリップス フレンズ オブ ヒュー ライトリボン)」は、長さ2mのテープ状照明で、自由に折り曲げたり好きな長さに切って使うことができる。裏面がテープになっており、さまざまな場所や物に接着できる。消費電力は最大12W。平均寿命は1万2000時間。予想実売価格(税別)は1万800円前後。

 「Philips Friends of hue LivingColors Bloom(フィリップス フレンズ オブ ヒュー ブルーム)」は、壁や棚などに向けて光を当てて間接照明として使用する。消費電力は8W。平均寿命は2万時間。予想実売価格は9800円前後。

 動作環境はiOS 4.0以上、Android 2.3以上。同社ではコントロールアプリ開発のためのAPIを公開しており、すでにサードパーティによって100種類以上のアプリケーションが開発されているという。