PR

 2014年6月3~7日まで台北で開催された「COMPUTEX TAIPEI 2014」には、アジア市場への進出を狙う日本企業も出展した。本記事ではその中から、iPhone用RFIDリーダーを出展した「アスタリスク」、REALFORCEシリーズなどのキーボードで知られる「東プレ」、ノイズ抑制シートを出展した「旭化成」を取り上げる。

アスタリスクはiPhone用RFIDリーダーを出展

 アスタリスクによる「RFID AsReader」は、iPhoneまたはiPod touchに装着できるジャケットケース型のRFIDリーダーとなる(写真1写真2)。ジャケットケース内にバッテリーを搭載しており、iPhoneとは独立した電源で動作する。これにより最大で20万回程度のRFIDの読み取りが可能という。

写真1●COMPUTEX TAIPEI 2014のアスタリスクブース
写真1●COMPUTEX TAIPEI 2014のアスタリスクブース
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●iPhone用RFIDリーダー「RFID AsReader」
写真2●iPhone用RFIDリーダー「RFID AsReader」
[画像のクリックで拡大表示]