PR

 米Amazon.comが、外部Webサイト向けの決済サービスを拡充し、定期購入(サブスクリプション)決済にも対応したと複数の海外メディア(英Reuters米Wall Street Journalなど)が現地時間2014年6月9日に報じた。

 同社は、利用者がAmazonアカウントを使って外部サービスにログインし、Amazonに登録したクレジットカード情報で決済できる「Login and Pay with Amazon」を提供している。今回はこのサービスに「Subscribe and Save(定期おトク便)」に似た機能を追加した。

 報道によると、Amazonがこの新機能を開始したのは現地時間の6月9日。Subscribe and Saveは、Amazonのショッピングサイトで紙おむつや洗剤など日用消耗品の購入に利用されている。今後は同様の決済方法を、携帯電話サービスの料金や音楽配信など、Amazonと提携している外部企業の月額制サービスで利用できるようになる。

 Amazonの広報担当者は今回の決済機能について、「Login and Pay with Amazonを、異なるタイプのビジネスモデルへと広げるもの」と説明している。Reutersによると、Amazonは過去数カ月間、カナダTucows傘下の携帯電話会社Tingなどとともに、新たな決済機能を試験運用してきた。TingのJusten Burdette製品マネージャは「Amazonのサブスクリプション決済を利用する顧客は、そうでない顧客に比べ30%多く支出する」と話している。

 Wall Street Journalによると、Amazonが外部企業から徴収する手数料は商品代金の2.9%および30セント。またAmazonが外部企業から得る購買情報は決済金額のみで、商品に関する情報は収集しないという。同様に、Amazonも外部企業に個人情報を提供しないとしている。