PR

 台湾Acerは、2014年6月3日~7日まで台湾・台北市で開催された「COMPUTEX TAIPEI 2014」にブースを出展し、スマートフォンやタブレット、ウエアラブルの新製品を多数展示した(写真1)。会場となった南港展覧館において、米インテルや台湾ASUSTeK Computerと並ぶ最大規模のブースとなった。

写真1●「COMPUTEX TAIPEI 2014」のAcerブース
写真1●「COMPUTEX TAIPEI 2014」のAcerブース
[画像のクリックで拡大表示]

リストバンド型のウエアラブルデバイスが登場

 Acerブースの中でも注目度の高かった製品が、同社初となるウエアラブルデバイス「Liquid Leap」だ(写真2)。1インチのタッチ対応ディスプレイを、ラバー製のリストバンドに組み込んだデバイスとなる。

写真2●Acerの「Liquid Leap」
写真2●Acerの「Liquid Leap」
[画像のクリックで拡大表示]

写真3●フィットネス用の機能を備え、スマホ連携も可能
写真3●フィットネス用の機能を備え、スマホ連携も可能
[画像のクリックで拡大表示]

 歩数や歩行距離、消費カロリー、睡眠サイクルなどを記録する機能があり、フィットネス時の活用を想定する(写真3)。スマートフォンとBluetooth 4.0で接続し、電話やSMSの通知や、音楽再生のコントロールといった機能も備える。

 本体カラーはホワイト、ブラック、アクアマリン、ピンク、オレンジといったバリエーションを提供。バッテリー駆動時間は最大7日間、本体はIPX7の防水性能を備える。2014年第3四半期の発売を予定する。