PR
写真●FortiADC Eシリーズ(FortiADC 400E)の外観
写真●FortiADC Eシリーズ(FortiADC 400E)の外観
[画像のクリックで拡大表示]

 ネットワールドは2014年6月9日、ハードウエアを刷新して性能を高めた負荷分散装置の新シリーズ「FortiADC Eシリーズ」(写真)を発表、同日出荷を開始した。併売する既存シリーズ「Equalizer LXシリーズ」の上位シリーズに当たり、同一のソフトウエアを搭載しつつハードウエア性能を高めている。両シリーズともに、米Fortinetが買収した米Coyote Point Systemsの製品がベース。

 FortiADCおよびEqualizerは、Webサーバー向けの負荷分散装置である(関連記事:ネットワールド、現行ロードバランサー「Equalizer LX」に13Gbpsの最上位機を拡充)。特徴は、負荷分散に必要な機能のみを備えることで低価格化を図っていること。他社の負荷分散装置の中には、負荷分散本来の目的とは異なる機能を充実させている製品もある。

 負荷分散に有効な拡張機能を備えることも特徴だ。その一つがVMware仮想サーバーのシャットダウン制御。VMware vCenterと連携し、アクセス負荷に応じて負荷分散の対象となる仮想サーバー機の台数を動的に増減させられる。

 負荷分散装置の基本機能としては、Webサーバー向けの機能を一通り備える。セッション維持はIPアドレスとCookie、負荷分散アルゴリズムはラウンドロビンに加え、静的/動的重み付けや最小コネクション数など各種の手法を利用できる。サーバーの動的重み付けでは、物理サーバーだけでなく仮想サーバーの負荷も動的に調べられる。

 今回のFortiADCは、Equalizerと同一のソフトウエアを採用しつつハードウエア性能を高めた上位シリーズに当たる。また、FortiADCに合わせてFortiADC/Equalizer共通のソフトウエアもバージョンアップしており、VMware vCenter連携を強化した。具体的には、重み付けなどのルールをスクリプトを使って細かく記述できるようにした。

 FortiADCとEqualizerのラインアップは表の通り。

表●FortiADCとEqualizerのラインアップ(価格順)
モデル名価格(税別)スループット出荷時期
Equalizer E250GX49万8000円512Mビット/秒2009年9月
Equalizer E370LX132万円4.8Gビット/秒2013年5月
FortiADC 300E152万8000円4.8Gビット/秒2014年6月
Equalizer E470LX240万円8Gビット/秒2013年11月
FortiADC 400E327万6000円8Gビット/秒2014年6月
Equalizer E670LX351万7000円10Gビット/秒2013年11月
FortiADC 600E480万6000円12Gビット/秒2014年6月
Equalizer E970LX559万5000円13Gビット/秒2013年11月
FortiADC 1000E764万6000円15Gビット/秒2014年6月