PR
写真1●VMware Virtual SANのサイジング項目入力画面
写真1●VMware Virtual SANのサイジング項目入力画面
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●VMware Virtual SANのサイジング結果出力画面
写真2●VMware Virtual SANのサイジング結果出力画面
[画像のクリックで拡大表示]

 ネットワールドは2014年6月12日、VMware製品のサイジングができるWebサイト「Software Defined CONCIERGE」を公開した。ユーザー登録をすれば誰でも利用できる。まずは第一弾として、VDI(デスクトップ仮想化)のサイジングメニューを用意した。要件を入力すれば、必要なシステムスペックを提示してくれる。

 VDIソフト「VMware Horizon View」と、VDIに向いた仮想ストレージソフト「VMware Virtual SAN」のサイジングができる。仮想デスクトップの台数や1台当たりのメモリー/ディスク情報、物理サーバーの台数や構成などの要件を入力するだけで(写真1)、必要なハードウエア要件を算出する(写真2)。要件の入力時には、推奨値や一般的な指標を示してくれる。

 ログインユーザーごとに、サイジング結果を履歴として残せる。また、サイジング結果画面から見積もり依頼ボタンを押すことで、ネットワールドに対してハードウエアを含めたシステムの見積もりを依頼できる。現状では、人手を介さずにWeb上だけで見積もり金額を出すことはできない。