PR

 販売面では、eコマースによる直販のメリットを強調。「販売コストを抑えることで、より安く、優れた商品を提供できる」(リン氏)と説明する。カスタマーサービスも独自に構築、1700人がフルタイムに稼働するコールセンター、500カ所の認定サービスセンターも整備した。「修理に出しても、後日の引き取りでは面倒だ。そこで、1時間で修理するサービスを提供、1時間で終わらなければ20元の賠償金を出す」(同)と施策を語った。

 オンライン直販のための物流も自前で、「10の大型倉庫、1500人の従業員が直販を支えている。1日で最高50万点の注文をさばいた実績もある」(同)と説明する(写真10)。

写真10●1日で最大50万点の注文に対応できるという物流システム
写真10●1日で最大50万点の注文に対応できるという物流システム
[画像のクリックで拡大表示]

 このようにリン氏は、Xiaomiの製品作りの裏側に多くのファンの存在や熱意のある従業員の協力があったことを取り上げ、これに感謝を述べる形で講演を締めくくった。