PR

 スペックはディスプレイが3.5インチ・480×320ドット、背面に200万画素のカメラを搭載する(写真3)。メモリーは128MB、ストレージは256MBを搭載する。バッテリー容量は1100mAh。デュアルSIMカードをサポートする。展示機で日本語のWebサイトを開いてみたところ、日本語フォントではないものの大きな問題なく表示できていた(写真4)。

写真3●背面に200万画素のカメラを搭載
写真3●背面に200万画素のカメラを搭載
[画像のクリックで拡大表示]

写真4●日本語のWebサイトも表示可能
写真4●日本語のWebサイトも表示可能
[画像のクリックで拡大表示]

 Mozillaブースには、日本国内での販売も決定した開発者向け端末「Flame」も並んだ。MWC2014で発表したリファレンス端末で、4.5インチ・854×480ドット(WVGA)のディスプレイ、デュアルコアの「Snapdragon 200」を搭載。カメラもフロント・リアの両面に搭載しており、アプリの開発やデバッグに最適な端末となっているという。

写真5●開発者向けのFirefox OS端末「Flame」
写真5●開発者向けのFirefox OS端末「Flame」
[画像のクリックで拡大表示]