PR

 他にもブースには、今夏発売予定の端末として「ALCATEL ONETOUCH」ブランドの「Fire E」が並んだ(写真6)。デュアルコアのSnapdragonを採用、4.5インチ、960×540ドット(QHD)の液晶、500万画素のカメラを搭載する。中国ZTEの「Open II」も数カ月以内に南米で発売する。また、台湾の中華電信が新たにMozillaと提携し、Firefox OSスマートフォンを投入することを発表した。

写真6●今夏発売予定の「ALCATEL ONETOUCH」ブランドによる「Fire E」
写真6●今夏発売予定のALCATEL ONETOUCHによる「Fire E」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本におけるFirefox OSの動向については、「KDDIと密接に連携しており、今年後半以降に次の発表ができる見込み」(マーケティング担当者)との展望を示した。KDDI以外のキャリアについては、「ディスカッションを重ねているが、発表できる情報はない」(同)とした。

■変更履歴
公開当初、低価格スマートフォンの解説で「現地ブランドの「Index」」としておりましたが、「Intex」の誤りでした。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2014/06/13 14:30]