PR

 NTTドコモは2014年6月11日より中国・上海で開催中の「Mobile Asia Expo 2014」にブースを出展し、電気自動車「テスラ」や中国移動のTD-LTEローミングなどについて展示を行った(写真1)(関連記事:NTTドコモがポータブルSIMを展示、海外キャリアにもアピール)。

写真1●「Mobile Asia Expo 2014」のNTTドコモブース
写真1●「Mobile Asia Expo 2014」のNTTドコモブース
[画像のクリックで拡大表示]

テスラを展示、ドコモのXi通信を利用可能

 NTTドコモブースで最も大きな注目を浴びていたのが、米テスラモーターズによる電気自動車の展示だ(写真2)。6月10日にNTTドコモがテスラの「モデルS」向けにデータ通信回線およびM2Mプラットフォームを提供するという発表に基づいて展示したもので、「ブースにテスラを展示できるかどうか、ギリギリまで分からなかった」(ブース担当者)と明かした。

写真2●テスラモーターズによる電気自動車を展示
写真2●テスラモーターズによる電気自動車を展示
[画像のクリックで拡大表示]