PR
[画像のクリックで拡大表示]

 アスクは、台湾Synology製のコンパクトサイズのNASサーバー「Embedded DataStation EDS14」を2014年6月中旬に発売する。ネットワークカメラサーバーとしても利用可能で、動作温度-20度~50度までのさまざまな環境に導入できる。予想実売価格は3万円台後半。

 USB 3.0端子とUSB 2.0端子、SDカードリーダーを各1基ずつ搭載し、外部ストレージをネットワーク上で共有できる。また、最大5台までのIP監視カメラを一括管理することが可能で、専用アプリケーション「Surveillance Station」からリアルタイム監視や記録データのタイムラインビューが簡単にできる。

 Webブラウザーベースの管理ツール「Disk Station Manager(DSM)」がプリインストール済みで、ストレージの管理からデータバックアップ、ファイル共有などさまざまな用途に対応する。直感的に操作できるGUIベースのデスクトップ画面を採用し、マルチタスクでの操作やカスタマイズも可能。

 ギガビットイーサネットを2基搭載する。対応ネットワークプロトコルはCIFS、AFP、FTP、Telnet、SSH、NFS、iSCSI、WebDAV。最大ユーザーアカウント数と最大同時接続数はともに128。本体寸法は幅125×高さ31×奥行き125mm、重さは約0.295kg。