PR

 日本マイクロソフトは2014年6月16日、東京・恵比寿のウェスティンホテル東京で、法人向けのIoT(Internet of Things:モノのインターネット)戦略を紹介するイベント「Microsoft IoT Summit 2014」を開催した。イベント開催に際し、日本マイクロソフト業務執行役員最高技術責任者(CTO)の加治佐俊一氏(写真1)が、プレス向けに同社のIoT戦略について説明した。

写真1●日本マイクロソフト業務執行役員最高技術責任者(CTO)の加治佐俊一氏
写真1●日本マイクロソフト業務執行役員最高技術責任者(CTO)の加治佐俊一氏
[画像のクリックで拡大表示]

 加治佐氏はIoTの現状について「定義自体がばらばらで、扱うデバイスやデータの数も膨大にあり、どこから手を着ければいいのか分かりにくい」と、まだ普及期の手前の混乱した状況であると述べた。

 続けて、マイクロソフトとしてはIoTをIoYT(Internet of Your Things)から始まると捉えていると説明(写真2)。「何百億という膨大なデバイスを前提とするのではなく、企業内のシステムやデバイスといった既存のIT資産をクラウドにつなげるところから、小さく始めていこうという考えだ」(加治佐氏、以下同じ)と、IoYTの意図を語った。

写真2●マイクロソフトが提唱するIoYTの説明
写真2●マイクロソフトが提唱するIoYTの説明
[画像のクリックで拡大表示]