PR

 米Microsoftは現地時間2014年6月16日、クラウドベースの機械学習プラットフォーム「Microsoft Azure Machine Learning(ML)」を発表した。同社が長年にわたって蓄積してきた機械学習分野の経験と、クラウドの能力を組み合わせて提供する。7月に、公開プレビュー版をリリースする予定。

 Azure MLにより、企業やパートナーは膨大なコストや時間をかけずに、将来を予測できるアプリケーションを構築できるとしている。

 Azure MLは、新たな分析ツールを備え、「Xbox」や「Bing」をはじめとする各種Microsoft製品向けに開発されたアルゴリズムと、機械学習に関するMicrosoftの知識や技術をベースにする。アプリケーション開発のための視覚的ワークフローや立ち上げ用テンプレート、APIやWebサービスをすばやく公開する手段なども提供する。

 既に一部の顧客が、Azure MLの早期プレビュー版を使用している。例えば米MAX451は、ECデータと実店舗の販売データに基づいて、次の売れ筋商品を予測するための大手販売事業者向けソリューションに取り組んでいるという。

[発表資料へ]