PR

 中国Alibaba Group(阿里巴巴)は現地時間2014年6月16日、米国での新規株式公開(IPO)計画に関する修正資料を米証券取引委員会(SEC)に提出し、企業統治形態や財務状況について詳細を明らかにした。

 2014会計年度通年(2013年4月~2014年3月)の売上高は525億400万人民元で、前年度と比べ52.1%増加。純利益は、同170.6%増の234億300万人民元に急拡大した。アクティブバイヤーは、2億5500万人にのぼるという。

 2014年1~3月における取り扱い額は、「Taobao Marketplace(淘宝網)」が2950億人民元、「Tmall(天猫)」が1350億人民元で、合計4300億人民元となった。そのうちモバイル経由が27.4%を占め、その割合は前年同期の10.7%、前期の19.7%から拡大している。

 また、同社が採用している企業統治形態「Alibaba Partnership」は、取締役の大半を指名する権限を持ち、現在27人で構成される。メンバーには、AlibabaのJack Yun Ma会長、Joseph Tsai副会長、Jonathan Zhaoxi Lu最高経営責任者(CEO)、Lucy Lei Peng最高人事責任者、Maggie Wei Wu最高財務責任者(CFO)、Daniel Yong Zhang最高執行責任者(COO)などが含まれる。

 9人の取締役には、Ma会長、Tsai副会長、Lu CEO、Zhang COOのほか、ソフトバンクの孫正義代表取締役社長や米Yahoo!共同創業者のJerry Yang氏などが名を連ねている。

[発表資料(SECへの提出書類)]