PR

 博報堂と博報堂プロダクツ、博報堂アイ・スタジオは2014年6月18日、スマートフォンのアプリとBeaconモジュール内蔵の広告物を通信させることで、ユーザーの行動を喚起するソリューション「ACTIVATION-AD(アクティベーション・アド)」を開発し、同日に提供を開始したと発表した。

 ACTIVATION-ADソリューションは、屋外広告や交通広告、店舗、ダイレクトメールなどのリアルメディア(広告)からスマートフォンのアプリを呼び出し、広告接触と同時にプッシュ通知を送ることでユーザーの行動を促すというもの。近距離無線通信技術「Bluetooth Low Energy」に対応したBeaconテクノロジーと博報堂グループが持つ広告マーケティングナレッジ、スマートデバイス活用ナレッジを組み合わせることで、「広告メディアとユーザーメディアのシームレスな連携を実現した」という。このソリューションはACCESSとの協力の下で提供している。

[発表資料へ]