PR
写真●Capy CAPTCHAの利用イメージ(出典:米Capy)
写真●Capy CAPTCHAの利用イメージ(出典:米Capy)
[画像のクリックで拡大表示]

 サムライズは2014年6月18日、Webサイトの利用者が機械(ボットプログラム)ではなく生身の人間であることを確かめるための認証手段であるCAPTCHA(キャプチャ)の一つとして、テキスト入力の代わりにパズル操作によって認証できるようにしたソフト「Capy CAPTCHA」(写真)の販売を開始した。開発会社は米Capy。Capyもサービスを販売しているが、今回サムライズが販売代理店契約を交わしたことで、サービスを購入しやすくなった。

 Capy CAPTCHAは、CAPTCHAの一つであり、Webサイトの利用者が生身の人間であることを認証するサービスである(関連記事:IVSの新サービスコンテスト、優勝はテキストCAPTCHAに代わる不正入力対策サービス)。ボットプログラムによる不正なWebログインなどを防止する。CAPTCHAの根拠は、人であれば正しく回答できるが、ボットプログラムでは正しく回答できない、という認証手段にある。

 Capy CAPTCHAの特徴は、一般的なテキスト型のCAPTCHAサービスのほかに、パズル型のCAPTCHAサービスを用意していること。画像の一部をパズルのピースとして抜き出した画像を使い、このピースを画像の正しい位置にはめこむ操作によって認証する。パズルの操作は直感的であるため、人であれば非常に簡単に回答できる。一方で、ボットプログラムにとっては、ピースの位置を理解してはめ込むという動作が難しいという。

 これに対して、テキスト型のCAPTCHAでは、文字列を読みにくく表現した画像を表示し、Webサイトの利用者に文字列をテキストとして入力させる。人間には読めるが機械には読めない文字画像を利用する。サムライズによれば、OCR(光学文字認識)技術の発展により、大抵のCAPTCHA画像は、機械には読めるが人には読めない状況になっており、Webサイトの訪問者の不満や離脱が増えているという。

 Capy CAPTCHAのサービスは米CapyがSaaS型で提供する。Capy CAPTCHAを認証手段として利用したいユーザー企業は、Webページに専用のJavaScriptを埋め込むことで同サービスを利用できる。画像の登録などはWeb管理コンソールから行う。ライセンスは、認証の回数ではなくパズルのインプレッション(表示)数に応じる。サムライズによる販売価格(税別)は、1年間の契約で、1カ月当たり1000インプレッションまでの最小規模で月額800円。