PR

 カナダBlackBerryは現地時間2014年6月18日、モバイル端末向けアプリの提供に関して、米Amazon.comと提携したと発表した。今秋リリースするBlackBerry OSの新版「BlackBerry 10.3」にAmazon.comのアプリ配信ストア「Amazon Appstore」をプリロードする。これにより、BlackBerry 10のユーザーはAmazon Appstoreから直接、Androidアプリをダウンロードできるようになる。

 BlackBerry 10にはAndroid互換のレイヤーがあり、これまでもAndroidアプリをインストールできた。今年1月にリリースした「BlackBerry 10.2.1」ではインストールが従来に比べ容易になったが英The Registerなどの報道によると、それでも一般的なユーザーにとっては面倒な作業だった。またBlackBerryのアプリストア「BlackBerry World」ではAndroidアプリも用意しているが、開発者が自ら登録手続きをしなければならず、これまで登録数が増えなかった。

 今回の提携により、今後BlackBerryのユーザーは「Groupon」「Netflix」「Pinterest」「Candy Crush Saga」「Minecraft」といった人気アプリを利用できるようになるとBlackBerryは説明している。また両社の提携では開発者支援も行う。BlackBerryアプリの開発者が、Amazon Appstore向けにアプリを移植できるよう手助けするという。

 Amazon.comは自社ブランドのスマートフォンを発表するのに先立ち、Amazon Appstoreにおけるアプリの数が1年前のほぼ3倍に当たる24万本以上に達したと発表した。一方で米Wall Street Journalによると、BlackBerry Worldのアプリの数は約13万本。これに対し、米Appleの「App Store」とGoogleの「Google Play」には、それぞれ100万本以上のアプリがあり、その差は依然大きいと同紙は報じている。

 なお、BlackBerryの公式ブログによると、同社はAmazon Appstore導入後もBlackBerry Worldの運営を続ける。ただし音楽と動画のセクションは7月21日をもって閉鎖するという。同社は今後、開発者プログラムを見直し、セキュリティ機能の高い企業向けモバイルソリューションや、プロダクテビティソリューションに注力していくとしている。

[BlackBerryの発表資料へ]