PR
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは2014年6月19日、液晶画面を回転させてタブレットとしても使えるハイブリッドモバイルノートパソコン「Let's note MX3」シリーズから、タブレットモード非搭載で法人向けに特化したクラムシェルモデルを7月15日に発売すると発表した。光学ドライブ搭載で約1.07kgまで軽量化した。価格はオープン。

 タッチパネルなしの12.5型フルHD(1920×1080ドット)液晶ディスプレイを搭載。独自のカーボン含有マグネシウム合金ボディや軽量光学ドライブを採用した。キーピッチ19mm、ストローク2mmのリーフ型キーボードを備える。バッテリー駆動時間は約10時間(JEITA 2.0)。

 Core i5-4310U vProプロセッサーと4GBメインメモリー、128GB SSD、DVDスーパーマルチドライブ、IEEE802.11a/b/g/n/ac無線LANなどを搭載する。OSはWindows 8.1 Pro Update(64ビット版)とWindows 7 Professional(32ビット版)を選べる。本体寸法は幅301.4×奥行き210×高さ21.5mm。

 直販サイト「パナソニックストア」での価格は、光学ドライブ搭載でLTE非対応の標準モデルが19万3700円(税別)。このほかにもOffice搭載モデル、LTE対応モデル、重さ約1.01kgの光学ドライブレスモデルを用意する(パナソニックストア価格は未定)。