PR
BookLiveの淡野正 代表取締役社長(左)とカルチュア・コンビニエンス・クラブTSUTAYAカンパニーの中西一雄 副社長(右)
BookLiveの淡野正 代表取締役社長(左)とカルチュア・コンビニエンス・クラブTSUTAYAカンパニーの中西一雄 副社長(右)
[画像のクリックで拡大表示]
Tポイントカードを提示して雑誌を購入したあと、スマートフォンのアプリ上で即座に同タイトルの電子書籍が読める様子をデモで見せた
Tポイントカードを提示して雑誌を購入したあと、スマートフォンのアプリ上で即座に同タイトルの電子書籍が読める様子をデモで見せた
[画像のクリックで拡大表示]

 電子書籍サービスを運営するBookLiveと、書店チェーン「TSUTAYA」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は2014年6月30日、紙の書籍を購入すると同時に同タイトルの電子書籍を配信するなどの連携サービスを発表した。2014年内の開始を予定する。

 ポイントサービス「Tポイント」と電子書籍サービス「BookLive!」を連携させ、複数のサービスを開始する。サービスの一例が、TSUTAYAで紙の本を購入した際に、同タイトルの電子書籍を無料配布あるいは値引き価格で販売する「AirBook」。電子書籍が無料の場合は、紙の書籍をレジで会計すると同時にBookLive!のアプリに電子書籍のデータがダウンロードされ、即座に読めるという。

 紙の本をTSUTAYAで取り寄せる際、届くまでの間に電子書籍版を無料で読める「FastRead」、DVDやゲームを購入したときに関連の電子書籍を値引き販売するなど特典を付ける「TSUTAYA360」などのサービスも予定する。