PR
写真●サービス提供スポット付近で、SSID一覧から「DoSPOT-FREE」を選択するだけで接続できる
写真●サービス提供スポット付近で、SSID一覧から「DoSPOT-FREE」を選択するだけで接続できる
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTメディアサプライは2014年7月9日、大型で非常に強い台風8号による被災地域の拡大を見越して、被災地域支援を目的とする公衆無線LANサービス「DoSPOT」の無料開放を9日午後1時から始めたと発表した。スマートフォンやPCなど無線LAN機器を持つユーザーは誰でも、回数制限なしにDoSPOTを利用できる。

 利用方法はまず、端末の無線LAN機能をONにし、無線LAN設定画面のSSID一覧から「DoSPOT-FREE」を選択する(写真)。続いてWebブラウザーを立ち上げると自動的にインターネット接続用Webページが表示されるので(URL入力は不要)、メールアドレスを入力して「接続/CONNECT」ボタンを押すと利用できる。

 対象エリアは、DoSPOT提供中の全エリアで「富山、岐阜、静岡以西の30府県」となっている。無料開放の実施期間は現状では特に設定しておらず、「当面の間、開放する」(NTTメディアサプライ)としている。