PR
画面●個人情報漏洩を知らせるベネッセコーポレーションの告知
画面●個人情報漏洩を知らせるベネッセコーポレーションの告知
[画像のクリックで拡大表示]

 ベネッセコーポレーションは2014年7月9日、同社の通信教育サービス「こどもちゃれんじ」「進研ゼミ」「東大・京大特講」などに関する顧客情報約760万件について、外部に漏洩したことを確認したと発表した(画面)。確認分以外も含めると、最大で約2070万件の顧客情報が漏洩した可能性がある。

 現時点では外部からの不正アクセスの恐れは低く、「弊社グループ社員以外の内部者」の関与を推定しているという。既に警察当局が捜査を始めていることも明らかにした。

 漏洩が確認された個人情報は、約760万件分の郵便番号、住所、名前(子供とその保護者)、電話番号、子供の生年月日・性別である。クレジットカード番号や銀行口座情報、成績情報などの漏洩は確認されていない。

 ベネッセの説明によると、6月26日以降に「ベネッセのみに登録した個人情報からセールス電話が来る」といった苦情が急増した。7月7日までに、外部の名簿業者がベネッセの個人情報データを保有している可能性が高いことを把握し、漏洩の事実を確認した。

 被害を受けた顧客に対しては調査を進めた後で連絡するとしている。現在契約中の通信教育サービスの提供は継続するが、新規の販促活動は当面の間停止する。ベネッセホールディングスの連結業績への影響については精査中で、影響が確定次第速やかに開示するとしている。

 ベネッセは7月9日17時から東京都内で記者会見を開き、詳細を説明している。その模様はITproで追って続報する=対象者は4000万人超か、ベネッセ個人情報漏えいの調査経緯

ベネッセコーポレーションの発表資料