PR
台湾エイスーステック・コンピューターのAndroidタブレット「TF103-BK16D」
台湾エイスーステック・コンピューターのAndroidタブレット「TF103-BK16D」
[画像のクリックで拡大表示]

 台湾エイスーステック・コンピューターは2014年7月9日、キーボード脱着式の10.1型Androidタブレット「ASUS Pad TF103C」シリーズを7月11日に発売すると発表した。タブレット単体のほか、キーボードを装着してノートパソコンのように使える。価格はオープン。

 10点マルチタッチに対応した解像度WXGA(1280×800ドット)のIPS液晶とインテルAtom Z3745クアッドコアプロセッサーを搭載したタブレット。OSはAndroid 4.4.2を採用。スケジュールややり残した作業などを一目で確認するなど、作業効率を向上できる独自ユーザーインタフェース「ASUS Zen UI」を備えた。

 「TF103-WH16D」(ホワイト)と「TF103-BK16D」(ブラック)は、タブレット本体のMicro-USB端子に装着するモバイルキーボードドッグとのセットモデル。キーボード装着時の本体寸法は幅257.4×奥行き178.4×高さ19.8mm、重さは約1.1kg。予想実売価格(税別)は3万9500円前後。

 「TF103-BK16」(ブラック)は、タブレット単体モデル。本体寸法は幅257.4×奥行き178.4×高さ9.9mm、重さは約550g。予想実売価格は3万4500円前後。なお、モバイルキーボードドッグの別売は予定していない。