PR
写真●Barracuda Firewallの外観(写真はX400)
写真●Barracuda Firewallの外観(写真はX400)
[画像のクリックで拡大表示]

 バラクーダネットワークスジャパンは2014年7月10日、低価格をうたう次世代ファイアウオール機器「Barracuda Firewall」(写真)を発表、同日販売を開始した。最安価モデル(スループット800Mビット/秒)の価格(税別、以下同)は、31万5000円。開発会社は米Barracuda Networks。

 Barracuda Firewallは、次世代ファイアウオール機器である。一般的な次世代ファイアウオールと同様に、アクセス制御の材料として、カプセル化に使われるプロトコルやポート番号からは判別できない実アプリケーションの種類を識別するほか、Active Directory連携によってアプリケーションを利用中のユーザーを識別する。

 ファイアウオール(セキュリティルーター)の機能に加えて、VPNルーター機能やDNS/DHCPサーバー機能なども備える。さらに、安全にWebにアクセスできるように、URLフィルタリング機能や、Webダウンロードデータに含まれるマルウエアを防御する機能なども提供する。

 特徴は、価格が安いこと。具体的には、スループット800Mビット/秒の最安価モデル「X100」が31万5000円で、スループット5000Mビット/秒の最上位モデル「X600」が290万円である。各モデルのスペックの概要と価格はの通り。このほかの特徴として、複数のBarracuda Firewallを一元管理する管理サーバー機能を、同社がクラウド型で提供する。

表●Barracuda Firewallのスペックと価格
bpsはビット/秒、GbEはギガビットイーサネット
モデル名X100X200X300X400X600
価格(税別)31万5000円48万5000円65万円129万円290万円
FWスループット800Mbps1000Mbps1500Mbps2500Mbps5000Mbps
VPNスループット100Mbps200Mbps300Mbps400Mbps700Mbps
Webセキュリティ
ユーザー数
25人50人100人200人400人
形状デスクトップ1Uラックマウント
インタフェースGbE×4GbE×6GbE×8

 なお、米Barracuda Networksは、今回のファイアウオール機器のほかにも、低価格をうたうネットワーク機器をラインアップしている。例えば、負荷分散装置「Barracuda Load Balancer」(関連記事:低価格ロードバランサーに中位モデル、WAFを標準提供)や、メールアーカイブ装置「Barracuda Message Archiver」(関連記事:マクニカ、ユーザー数に依存しないメールアーカイブ装置を販売開始)などがある。